e
                             静岡県の高校野球史

(1)戦前

 静岡県で最初に野球部ができたのは静岡中学(現在の静岡高校)で、明治25年頃であるといわれている。明治29年には浜松中学(現在の浜松北高校)に野球部ができ、翌30年には両校の間で対抗試合が行われた。

 明治35年には第1回東海5県連合野球大会が開催され、静岡県からは浜松中学が参加した。第2回大会には、静岡中学と韮山中学が出場している。その後、掛川中学、見附農業、沼津中学、中泉農業、榛原中学などでも対抗試合を行っている。

 大正4年の第1回大会の東海予選には、静岡県からは1校も参加していない。翌5年に浜松中学が出場したが、6年には再び1校も出場しなかった。翌7年の東海予選には静岡中学が参加、そしてこの年に初めて県下中等学校野球大会が開催された。この大会では浜松中学が圧勝して優勝している。

 大正11年の東海予選で静岡中学が愛知一中と対戦、死球をめぐって日没となり、翌日再試合ということになったが、結局両チームとも棄権で収拾した。そして、翌大正12年から静岡県は東海予選から離れて、神奈川県と神静大会を開くことになった。第1回神静大会には静岡中学、韮山中学、掛川中学の3校が出場し、静岡中学は決勝戦まで進んでいる。

 大正13年、静岡中学が神静大会を制して初めて全国大会に出場した。以後、静岡県勢は神奈川県勢をよせつけず、昭和5年まで行われた神静大会では8回のうち6回を制した。

 静岡中学は初出場以来毎年甲子園に出場、昭和8年までに春夏合わせて15回も出場回数を重ねている。この間、大正15年夏には上野精三―福島鐐という好バッテリーで出場し、準々決勝で前橋中学を延長19回の末に降すと、高松中学、大連商業を破って初優勝を達成した。

 昭和6年神静大会に山梨県が加わって甲神静大会と変更、昭和11年には神奈川県が抜けて山静大会となった。
 この間、昭和8年の選抜には静岡中学と島田商業が揃って出場、以後島田商業が黄金時代を迎えた。島田商業は昭和14年に春夏連続してベスト4まで進み、翌15年夏には準優勝を果たしている。

 また、静岡商業と掛川中学も甲子園に出場した。

(2)戦後

 昭和21年夏の県予選には19校も参加し、沼津中学が優勝した。同校は山静大会も制して甲子園にも出場している。翌22年夏は山梨県の谷村工商が山静代表として出場したが、以後32年までに静岡県の学校が出場できなかったのは、27年の1回のみである。この時代は、静岡一高、静岡城内高校、静岡高校と名前の変わった旧静岡中学と、静岡商業が県内の2強であった。

 しかし、最初に甲子園で活躍したのは韮山高校であった。明治時代から活躍していた韮山高校の野球部はそれまでは特に目立った成績はなかったが、25年の選抜にエース東泉東二を擁して初出場するや、いきなり優勝したのである。

 続いて、静岡商業が4番の田所善治郎(のち国鉄)と2年生阿井利治(のち国鉄)のバッテリーを擁して27年の選抜で優勝。29年夏にはエース横山敏雄と4番打者の興津立雄で出場、横山投手は不調だったが、控え投手の2年生松浦三千男が活躍し、初戦の対高松商業戦を9回裏の逆転サヨナラ勝ちで波に乗り、準優勝した。

 昭和34年静岡県は1県1校となり、この頃から2強に加えて浜松商業も強くなって3強となった。35年夏エース石田勝広(のち早稲田大学)、ショート石山健一(のち早稲田大学−プリンスホテル監督)らを擁した静岡高校が春夏連続出場し、選抜は初戦で敗れたが、夏は準優勝した。

 43年、戦後初めて選抜に静岡商業と浜松工業の2校が選ばれた。静岡商業は夏も連続出場したが、この時には定時制から普通科に編入した1年生のエース新浦寿夫がおり、新浦投手が6試合で3失点という好投で準優勝した。

 さらに、48年夏にも静岡高校が準優勝と続いて、53年の選抜では好投手樽井徹を擁した浜松商業が初優勝を果たした。

 しかし、このあと、静岡県の高校野球は低落していくことになる。静岡商業は全く甲子園に出場することができなくなり、静岡高校の出場回数も激減した。かわって東海大一高が台頭、同校は58年の選抜でベスト4に進んだが、これを最後に準決勝まで進んだ学校はない。50年代から60年代にかけては夏の甲子園で初戦敗退することも珍しくなくなってしまった。

 昭和62年の選抜には富士高校と富士宮西高校が出場した。富士高校は、昭和33年に三村喜代志監督が就任、以後23年間にわたって同校の監督をつとめ、野球部の基礎を築いた。54年夏には甲子園に初出場を果たしたが、初戦で惜敗している。この三村監督が昭和56年に移った新設校が富士宮西高校であった。この2校が前年秋の東海大会決勝で対戦、両校揃って選抜されたのである。

(3)平成時代

 平成に入ると、実力が分散して甲子園に出場回数を重ねる学校が少なくなった。平成元年から平成13年選抜までの間では、浜松商業と浜松工業の4回出場が最も多く、続いて掛川西高校が3回出場している。また、桐陽高校や、常葉菊川高校といった初出場の学校が出場する一方で、市立沼津高校が34年振り、韮山高校が45年振りに甲子園に復活したことも注目に値する。さらに平成10年選抜には島田商業が戦後初出場を決め、甲子園のスタンドには一言多十投手をはじめ往年の選手が多数顔を揃えて話題になった。

 平成11年、甲子園に出場経験のある、東海大一高と東海大工業が統合して、東海大翔洋高校となった。戦後の学制改草の混乱期を除き、甲子園出場校同士が統合されるのは全国で初めてのことであった。新生・車海大翔洋高校は、東海大工業の後継校となっている。

 Jリーグの発足以降、静岡県では運動能力の高い子供がサッカーに流れて、野球人口が減ったといわれている。今後、往年のような実力を取り戻せるかどうかは微妙なところである。

(4)著名選手

 大正15年夏に全国制覇した静岡中学のエース上野精三は慶応大学に進み、昭和初期の黄金時代に左腕投手としてならした。卒業後は全京城に入り都市対抗でも活躍。22年慶応大学監督となり、のち日本石油監督もつとめた。

 昭和13年に出場した掛川中学にはエースで4番、主将をつとめた村松幸雄選手がいた。14年に名古屋に入団、翌年にはエースとして服部受弘とバッテリーを組んだ。17年応召して、豊橋陸軍予備士官学校に入り、満州を経てグァムに渡り、戦死した。

 島田商業全盛期のエースが一言多十である。昭和14年選抜からエースとして4李連続甲子園に出場、15年夏には準優勝した。専修大学に進むが、18年に学徒出陣、海軍の特攻艇に配属さたれものの出陣しないまま終戦を迎えた。戦後、新田建設を経て、セネタースに入団。退団後は、石川島重工業でアマに復帰し、のち監督をつとめた。

 昭和25年の選抜では初出場の韮山高校が全国制覇した。このチームのエースが東泉東二である。卒業後、東急に入団したが、8試合に登板しただけで1勝もあげられなかった。

 27年の選抜で優勝した静岡商業には、エースで4番の田所善治郎、2年生捕手の阿井利治、ショートで1番を打つ望月教治と3人の好選手がいた。
 田所は国鉄に入団して通算56勝をあげた。阿井は翌年の夏も甲子園に出場し、田所と同じく国鉄に入団した。望月は専修大学で優勝、熊谷組でも都市対抗で優勝した。引退後、専修大学の監督として大学日本一となり、母校・静岡商業の監督に転じると春2回夏1回の甲子園出場を果たした。さらにヤマハ発動機の監督に転じ、創部2年目で都市対抗に初出場させている。昭和59年、当時二部に転落していた専修大学の監督に再び就任、平成元年東都大学リーグを制している。

 29年夏、4番打者・興津立雄のいた静岡商業が準優勝した。興津は専修大学でもホームランバッターとして活躍し、34年に広島に入団。2年目にはホームラン王に1本差の21本塁打を打っている。36年の春季キャンプで第五腰椎分離症となったが、以後も腰痛と闘いながら広烏の主軸を打ち続けた。

 静岡商業が県大会の準々決勝で破った浜松西高校には太田誠がいた。駒沢大学に進んで首位打者を2回獲得、電電東京でも活躍した。46年に駒沢大学監督に就任、以来30年つとめ、中畑清、石毛宏典らを育てたほか、リーグ優勝25回という名門大学に育てた。

 35年に春夏速続出場した静岡高校の4番打者石山建一は、早稲田大学、日本石油でも優勝し、昭和49年に早稲田大学の監督に就任。59年にはプリンスホテル監督に就任して、平成元年都市対抗で優勝。後年巨人の編成本部長兼二軍統括デイレクターに転じ、総務部長を経て、代表室参与となった。

 大洋球団で名遊撃手として活躍した山下大輔は清水東高校の出身。昭和42年に同校に入学、夏には二塁手のレギュラーとなり、県大会決勝戦まで進んだが甲子園には出場できなかった。慶応大学では東京6大学の首位打者を獲得。ドラフト1位で大洋に入団、華麗な守備で8年連続ダイヤモンドグラブ賞を受賞している。

 42年夏の県大会の初戦で清水東高校が破った吉原商業には加藤初投手がいた。亜細亜大学に進むが1年で中退して大昭和製紙に入社。のちドラフト外で西鉄に入り、新人王を獲得した。51年巨人に移籍し、同年の広島戦でノーヒットノーランを達成、この年は15勝をあげて、長嶋巨人の初優勝に貢献した。

 翌年夏、静岡商業が1年生エースの新浦寿夫を擁して準優勝した。定時制からの編入ですでに17歳になっていた新浦投手は、大会後に中退して巨人に入団した。リリーフエースとして活躍した後、韓国の三星球団に転じてエースとなり、3年間で54勝をあげている。その後帰国、大洋、ダイエー、ヤクルトでプレーした。糖尿病を克服した野球選手としても知られる。

 昭和50年の選抜に静岡商業が出場した時は、大石大二郎久保寺雄二の三遊間であった。大石は亜細亜大学に進んで1年からレギュラーとなり、東都大学リーグのシーズン最多盗塁記録もつくる。近鉄に入団すると、47盗塁で新人王を獲得、翌年には60盗塁して盗塁王となり、以後盗塁王を4回獲得した。また、球界で最も礼儀正しい選手としても有名だった。
 久保寺は高卒時にドラフト2位指名で南海に入団。2年目には一軍に定着、4年目にはレギュラーとなったが、昭和60年正月に実家に帰省中、26歳で早世した。

 昭和62年夏、2年生エース赤堀元之を擁した静岡高校が出場した。赤堀は近鉄に入団、3年目からリリーフエースとして活躍した。平成8年に通算100Sを達成したが、26歳での100S到達は史上最年少の記録であった。

 富士宮北高校出身の広瀬哲朗は、駒沢大学時代に4年間全試合に出場し、ベストナインに4回選ばれた。卒業時、ヤクルトからドラフト4位で指名されたが、拒否して本田接研に入社、昭和61秋のドラフト1位で日本ハムに入団した。現役引退後はタレントとして活躍している。中学時代、歌手の久保田利伸の先輩だったことでも知られる。


                           「時習館と甲子園」メニューへ

inserted by FC2 system